フリードの燃費はいい?悪い?実燃費は?

フリードの燃費についてチェックしよう

フリードはハイブリッドやガソリンエンジンのグレードがあるので、燃費について若干ややこしいところがあります。フリードの燃費について評価する前に、まずはグレードごとの燃費について整理しましょう。

 

エンジン種別 パワーユニット 燃費
ハイブリッド(FF) 1500ccエンジン+モーター 27.2km/L
ハイブリッド(4WD) 1500ccエンジン+モーター 25.2km/L
ガソリンエンジン(FF) 1500ccエンジン 19.0km/L
ガソリンエンジン(4WD) 1500ccエンジン 17.6km/L

 

ハイブリッドモデルは20km/リットルオーバー

 

フリードのハイブリッドモデルはいずれも27.2km/リットルと20kmを超えており、ミニバンとしては良好な燃費性能を誇っています。エコカー減税も100%となるためコスト面でかなり優遇されます。

 

ガソリンエンジンモデルと比べてフリードハイブリッドの価格は20万円程度高くなりますが、燃費コストの軽減やエコカー免税、さらにはリセール価値のアップなどがあるため価格差について不利な点はありません。唯一、数年で乗り換える場合は差額を埋めるほどの燃費コスト軽減効果がないため、ガソリンエンジンを選ぶ価値もあります。

 

いずれにせよ、フリードに7年以上乗るつもりがあって、燃費性能を重視したいなら、ハイブリッドモデルを選べば問題ないでしょうl。

 

ガソリンエンジンの燃費もFFなら悪くはない

 

フリードのガソリンエンジン車の燃費性能はおよそ19.0km/リットルとなり、このクラスのミニバンの中ではハイレベル。なのであえてガソリンエンジンを選ぶという人もいるほどです。

 

ただ、ハイブリッドモデルと比べてしまうとやや見劣りします。長年乗る場合は走行距離が長くなるにしたがってコスト増となるため、車体価格が安いからといって選ぶと痛い目に合うかもしれません。

 

全く選ぶ価値がないわけではありませんが、コストとにらめっこしてしっかり検討する必要があるでしょう。

 

4WDモデルの燃費はかなり厳しい

 

ガソリンエンジンモデルと一部のハイブリッドモデルの場合、4WD車を選ぶことができます。

 

確かに、雪道や悪路でパワーを発揮できる4WDは魅力的ですが、フリードの燃費性能が17.0km/リットル台になるため、ガソリンエンジンから比べると1割性能ダウン、ハイブリッドの場合も1割ダウンとなります。燃費コスト上昇は避けられず、エコカー減税もないためトータルコストはかなりアップしてしまいます。

 

おまけに4WDは車体価格も20万円ほどアップするので、選択する場合はそれなりの覚悟が必要となります。選択する機会はあまりなさそうです。

 

フリードの実燃費は?

 

新型フリードに関してはまだ情報が出揃っていませんが、フリードは発表されてからそれなりの期間が過ぎているので、豊富な実燃費データが出揃っています。

 

フリードハイブリッド

 

フリードの大量のデータを集計したところ、15~20km/リットルあたりの実燃費が出ているようです。カタログ燃費が21.6km/リットルなので、カタログ値に近い燃費が出ていると言えます。通常実燃費はカタログ燃費より落ちることが多く、半分近くまで下がる車種もあるのですが、それを考慮すると燃費性能は優秀だと言えます。

 

フリード(ガソリンエンジン)

 

おおむね10~14km/リットルというところです。ハイブリッドに比べるとやはり見劣りしますが、カタログ値から大きく下がることはないようです。悪くても10km/リットル程度は出ているので、運転の仕方次第ではカタログ値に近い燃費性能を発揮できそうです。

 

フリード(ガソリンエンジン・4WD)

 

こちらは8~12km/リットルという結果となりました。さすがに一桁台のデータも出てきてしまいますが、思ったほど悪くはない印象があります。ただハイブリッドに比べると半分程度しかないので、燃費コスト的には大きな差があることは考慮しなければなりません。

 

まとめ

 

以上をまとめると、やはりフリードはトータルコスト面ではハイブリッドモデルに軍配が上がります。なので長期間乗るのであればハイブリッドを選んだ方が後悔はないでしょう。ただ、フリードを数年で乗り換える予定なら車体価格の安いガソリンエンジン(FF)を選ぶ価値はありそうです。また、4WDは燃費的にはかなりつらいところがあるので、雪道を走ることが多いなどの理由がない場合は避けたほうが無難です。

 

低燃費フリードを安く買うには

 

 

今ここを読んでいるということは、フリードを新車で購入しようと考えているはずです。

 

当然、できるだけ安く購入することが理想ですが、フリードは燃費がよくデザインも人気が高いので、値引きはやや渋い傾向があります。しかも、フリードの値引き交渉には時間もかかりますし、失敗すると多くの時間を無駄にしてしまいかねません。

 

なので、フリードの未使用車を狙うのはいかがでしょうか?

 

フリードの未使用車にはどうしてもあまり良くないイメージがあるかもしれません。しかし、未使用車は文字通り「未使用」なため、車体は新車と変わりません。

 

しかも、保証面も新車と同様で、3年間のメーカー保証が付きます。これは購入後にディーラーに持っていくことで、かんたんに申請できます。

 

したがって、未使用車とは、最初から値引きされた状態の新車と言うことができます。

 

未使用の低燃費ハリアーはどこで買えるの?

 

未使用フリードは全国各地の自動車販売店で購入することが可能です。しかし、各地に散らばっているので、好みの条件通りのフリードを探すのは難しく、どこかで妥協することになります。

 

そこでオススメしたいのが中古車提案サービスです。このサービスは全国の販売店からお客さんの希望通りの自動車を見つけてくれるサービスです。未使用車にも対応しているサービスもあり、条件を指定するだけで簡単に未使用車を用意してくれます。

 

中古車提案サービスはさまざまなものがあるのですが、中でも便利なのが「なびくる+」です。当然未使用車に対応していますし、何より役立つのが非公開車両の紹介もしてくれる点です。年間60万台以上の車両の情報を持っており、条件に見合ったフリードを見つけやすくなります。

 

↓でなびくる+の使い方を紹介します。

 

1、年式を最新に設定する

 

まず年式の部分は最新の年度に設定します。

 

2、備考欄に条件を設定する

 

各種条件は「備考欄」に記入します。「未使用車」「予算」「グレード」などを書いて条件を設定しましょう。

 

申請が完了すると、こちらの条件に適したクルマの連絡をもらうことができます。

 

もちろん条件を満たしたフリードがないこともあります。しかし、無料サービスなのでコストはかかりませんし、損はありませんので一度利用をおすすめします。

 

なびくる+の公式サイト
https://a-navikuru.com/sale

 

フリードは人気が高い分値引きはしにくい傾向があります。フリードの値引きで失敗してしまうくらいなら、最初から格安で、しかも新車同様の車体・保証をゲットできる未使用フリードを狙うのはアリなのではないでしょうか。