フリード値引き

フリードの値引き

ホンダフリードの値引き額詳細

フリード車体価格値引き限界額 フリードオプション値引き限界額
5~10万円 3~6万円

 

フリード合計限界値引き額:15万円

 

フリード値引きは準備が重要

フリードを新たに購入するから、今乗っている愛車は下取りに出そう、という人は多いはずです。

 

そういう人の場合、無意識に「ディーラーがちゃんとした価格で買い取ってくれるはず」と思っていて、今乗っている愛車の買取相場価格をしっかり調べることはしていないでしょう。

 

しかし、ディーラー下取りにはさまざまな問題があります。

 

下取り価格はとにかく安い!

 

ディーラー下取りは適正価格で買い取ってくれると思っている人が多いですが、実際は全然違います。下取り価格は買取相場より平均30万円も安いと言われています。

 

なぜなら、ディーラーは車を買い取るのが仕事ではないので、販売ルートが少ないからです。逆に、中古車買取業者は全国販売網や海外ルートを多数持っており、高額買取が可能です。特に海外では日本車の人気が高く、中古車が高値で売れていくという現状があります。

 

せっかくフリードの値引きが成功しても、下取りに出してしまうと30万円以上安く愛車を買いたたかれることになり、結局マイナスになってしまうのです。

 

フリードの値引き交渉が不利になる

愛車の買取相場を知らないままフリード値引き交渉を行うと、圧倒的に不利な状況に立たされます。

 

例えば、交渉中にディーラーの営業マンはよくこんなセリフを言うことがあります。

 

 

もうフリード値引きはキツイですね…でも、下取り価格のアップは可能ですよ!お客様の車だと通常10万円で下取りしているんですが、今なら15万円にします!


 

こう言われると、フリード値引きが大成功したような気持ちになりますね。「値引きは大したことないけど、下取りがアップするなら買っちゃおうかな~」なんて思うかもしれません。

 

でも、実際の愛車の買取相場は50万円だったとしたら?35万円もの大損となってしまいます。しかも、ここで契約したらフリードの値引き交渉を進めるチャンスすら失ってしまいます。

 

愛車の買取価格を知らないでいると、こんな風にディーラーの手のひらで踊らされてしまうわけです。このやり方に騙されないようにするためには、あらかじめ愛車の相場を知っておくしかありません。もし愛車の買取相場をしっておけば、

 

「ずいぶん余裕があるんだね。じゃあ、下取りアップは別にいいので、フリードのオプション値引きしてよ。」

 

と切り返すことができ、交渉の幅が増えます。

 

買取相場を調べよう

ディーラー下取りを利用するつもりだと、フリードをどれだけうまく値引きしたとしてもトータルではマイナスになってしまいかねません。しかも、買取相場を知らないまま商談することになるので、営業マンのセールストークに対抗できなくなります。フリード値引き交渉の土俵に上がることすらできないのです。

 

なので、フリード値引き交渉の前に、必ず愛車の買取相場を調べる必要があります。

 

愛車の買取最高額を調べる方法は1つしかありません。それは、多くの買取店から査定を受ける「一括査定方式」です。

 

 

ディーラーは車を売るのが仕事なので、下取りに高い価格を付ける必要はありません。しかし、中古車買取業者は中古車を仕入れないと仕事にならないので、必死で高い値段をつけようとするんです。しかも複数の業者が参加するので、オークションのようになって価格が高騰していきます。そのせいで、ディーラーに下取りに出してしまうよりも30万円以上高く売れた例はいくらでもあります。

 

車査定サイトは使い方もとても簡単で、車種名や年式、走行距離などを入力するだけですぐに査定が実行できます。

 

おすすめの自動車買取査定サイト

車査定サイトはたくさんあるのですが、そのなかでも「かんたん車査定ガイド」は作業がかんたんですばやく査定額がわかるためオススメです。

 

 

査定を完了すると、↑の図のように暫定の買取価格が表示されます。このようにその場ですばやく買取価格がわかるのは「かんたん車査定ガイド」だけです。
入力項目が少なくて約30秒程度で完了するので、「あ、もう終わった」という感じで査定が終了します。

 

かんたん査定の公式サイトはこちらです
http://a-satei.com/

 

さらに高額買取を狙うときは、別の車査定サイトでも査定するといいでしょう。

 

 

ズバット車買取比較

 

業者によって車種の得意分野は違います。ズバット車買取比較は大手から中小の全国150社以上の業者が参加しており、そこから最適な10社が選抜されて一括査定ができるので価格高騰が起こりやすくなります。

 

公式サイトはこちらです
http://www.zba.jp/

 

 

カーセンサー

 

知名度の高いところでは、「カーセンサー」があります。雑誌などでおなじみですが、車査定サービスも行っています。最大30社の一括査定機能があり価格アップが期待できます。入力項目は少し多いですが、それでも数分で完了します。

 

公式サイトはこちらです
http://www.carsensor.net/

 

フリードの値引きのポイントは?

 

ライバル車よりは異資本ディーラー競合が効果的

 

新車値引き交渉の定番といえばライバル車との競合です。しかし、フリードはホンダ車なので、異資本ディーラー同士の競合が効果的です。ホンダのディーラーは見た目は同じに見えますが、実は資本のことなるディーラーが乱立しており、競合させることでフリードの値引き率がアップしやすくなるのです。より効果をアップさせたいなら、隣の県の異資本ホンダディーラーに見積もりを取りにいく越境交渉もオススメです。

 

もちろん、ライバル車の見積もりをもっていくとより効果がアップします。さまざまなディーラーに行って根気強く交渉していくのがフリード値引きの基本となります。

 

低金利キャンペーンを狙う

 

現在のフリードには一時期の勢いはそれほどなく、ディーラー側も低金利キャンペーンなどで販促をしています。「低金利1.9%キャンペーン」などを狙っていきましょう。

 

金利でそんなに変わるの?と思われるかもしれませんが、フリードは総額200万円以上する買い物です。金利が1%違うだけで、フリードのちょっとした値引きなんて吹き飛ぶくらいの差額が発生してしまいます。フリードの交渉による値引きも大事ですが、ローンで購入する場合は金利もしっかり見ていくようにしましょう。

 

グレードをちょっとずつ下げていく

 

フリードはグレードが20種類近くあり、約170万円~240万円の価格帯となっています。つまり70万円の価格差があるのです。

 

なので、初めに予算を伝えておき、ちょっと高めのグレードを指定してフリードの値引き交渉の間に徐々にグレードを下げていきます。そうすると、ディーラー側は「予算内に収まれば決まるかな」と思うようになり、値引きスピードがアップしていく傾向があるのです。

 

グレードの価格差が大きい車種の場合は、グレードを下げる戦術が有効です。

 

フリードのオプション値引きは最後までとっておく

 

フリード値引きを最大値にするためには、車体価格だけでなくオプションの値引きを狙っていくことも重要です。しかし、交渉中にオプションの値引きを切り出してしまうと、「もう車体価格をこれだけ下げているので…」と言われて断られてしまいやすいんです。

 

なので、オプション値引きは注文書にサインするギリギリまで我慢します。そうすることによって、ディーラー側を「ここで断ったら契約がダメになるかも」という心理にすることができるのです。

 

狙っているオプションがあるなら、注文書にサインする寸前に思い出したように切り出すと効果的です。

 

まとめ

 

 

フリードの値引き交渉では、値引き額を大きくするだけでなく、愛車の買取金額をできるだけ高くすることが格安購入のポイントとなります。

 

自動車無料査定をする

 

査定は後でもいいでしょ?

 

車査定はできるだけ早く行いましょう。

 

車査定が必要なのは言うまでもありませんが、「後回し」にするのもリスクがあります。

 

フリードの値引き交渉で不利になる

 

自分の乗っている車の買取価格がわからないまま商談に望んでしまうと、思わぬ大損をしてしまうことがあります。ネットなどの値引き情報を見ていると、「セールスマンも大したことないな」と思ってしまいがちなのですが、相手は百戦錬磨の営業のプロです。凄腕の営業マンの交渉術に乗せられて、うっかりその場で契約…なんてことも十分にありえるのです。

 

それに、新車を買いに行くお客さんはすぐにでも買って乗りたい!と思っているので、少しくらいなら損してもいいかな、と思ってしまう傾向があります。

 

それで、下取りアリのまま注文書にサインしてしまい、家に帰って調べたら相場より30万円くらい下取り価格が少なかった…なんてこともありえます。

 

これでは少しくらいの損とは言えません。

 

でも、あらかじめ車査定サイトを使って買取相場を知っておけば、ディーラーの提示する下取り価格が安いことがすぐにわかるので、交渉を有利に進められます。

 

下取りナシへの変更は困難

 

いったん下取りアリの契約をしてしまうと、後から変更することは困難になります。

 

というのも、契約をすると愛車の所有権は自分とディーラーで半々になってしまうのです。そのため下取りナシに変更するにはディーラーから同意を得る必要があります。

 

「契約」の意味合いは重く、もし下取りナシに変更できてもかなり面倒な手続きが必要になります。それに、契約破棄ということですからディーラーからの好感度もガタ落ちします。これから長く付き合っていくうえで大きなマイナスとなるでしょう。

 

そのため、一括車査定は商談前にできるだけ早く行っておく必要があるのです。

 

一括査定後の流れ

 

車査定サイトで一括査定を行うと、複数の業者から買取価格の連絡が届きます。その中から一番買取金額の高い業者を選び、無料出張査定を頼んで正式な査定をしてもらいます。
価格が決定したら、あとは売却という流れになります。

 

出張査定では、一括査定のときよりも買取価格が高くなる傾向があるので、できれば頼んだ方がいいです。

 

車ナシの状態にはならない?

 

基本的には、出張査定で買取価格を決定したらそのまま売却となるのが一般的です。

 

ですが、フリードは納車まで数か月かかる場合があるので、売却してしまうと車がない状態になってしまいます。

 

とはいえ、査定をしないと買取価格がわからず、商談で不利になってしまいます。では、どうすればいいのでしょうか?

 

方法その① 車査定を2回実行する

 

はじめに、商談前に一括車査定を行います。そうすることで買取価格がわかり、商談を有利に進めることができます。そしてその後は査定についてはいったん置いておいてください。

 

そして、商談を進めてフリードの納車日が決まったら、納車日の2週間前くらいにもう一回一括車査定を行います。そして、ここでは高額買取を出してきた業者に連絡し、出張査定を頼んで、実際に売却を行います。

 

そうすれば、上手にフリードに乗り換えることができます。

 

方法その② 業者と交渉する

 

業者やタイミングにもよりますが、納車日まで売却は待ってくれといえば待ってくれる場合があります。また、そうでなくても普通は代車を用意してもらえるので、基本的には納車日まで車がないということにはなりません。

 

万が一ダメでも、買取価格2位の業者に事情を話して同じことを頼めばだいたいは了承してくれます。

 

なお、代車を用意してもらう場合は万一の事故や故障のときの保険などについてはしっかり確認しておきましょう。

 

車査定サイトに入力する情報を忘れた

 

車査定サイトで情報を入力するとき、走行距離などが思い出せないこともあるでしょう。ですが、心配はありません。車種名さえあっていれば、あとは年式・走行距離などはだいたいでも大丈夫です。

 

正式な価格は出張査定のときに決定するので、車査定サイトで一括査定する段階ではある程度情報が合っていれば問題ありません。

 

下取りナシはディーラーに嫌われるのでは?

 

愛車を下取りに出さないとディーラーに嫌われる、と考える人も多いですが、実際にはそんなことはありません。

 

というのも、ディーラーに下取りに出さない人は意外と多いのです。買取業者に売却する人はもちろん、友達や親戚に譲るという人も意外なほどたくさんいます。なのでディーラーも下取りナシは慣れっこなのです。

 

ただ、はじめから下取りに出さないと言ってしまうとフリードの値引きしにくくなるので、

 

「いちおう、下取りには出すつもりですよ」

 

と言いつつ交渉を進め、値引きが引き出せたら下取りをやめればいいのです。

 

下取りナシにしたからといって、いったん引き出したフリードの値引きがダメになることはほとんどありません。

 

友人に譲るから、などといって下取りを引っ込めるのが無難ですが、うそをつくのがイヤであれば正直に買取業者に売ります、と言っても特に問題はないです。

 

とにかく、注文書にサインさえしなければ、下取りのやめる、やめないは自由です。

 

フリード値引き実例投稿フォーム

 

当サイトでは、ホンダフリードの値引きの実例レポートを募集しています。また、フリードの乗り心地や思い出、面白い機能など何でも構いませんので、どしどしご投稿ください。

 

投稿いただいた内容はこちらに掲載しております。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。